Good Sun
検索 ▾アーカイブ Theme ▾

"大東亜共栄なんて後付けとか勘違いしてるバカが湧いてるけど
太平洋戦争の遥か前から思想として浸透していたし、もしそれがなかったら
今村大将はインドネシアの独立をスカルノに任せなかったし
日本がビルマ独立義勇軍やインド国民軍を組織する必要もなかったし
もっというと、インパール作戦すら敢行する必要なかった
大東亜会議に参加したアジアの指導者が
戦後なんて語っているか調べたらスグ分かるのに現実見れないのかしら
可哀想に"

- C= (-。- ) フゥー韓国今日の妄想 プロイセン、独島、尖閣~米国が核兵器を使わなかったら韓国も戦勝国になって戦後処理に参加することもできた:反愚弄(はんぐる)-韓国の真実- (via laft)

(laftから)

"安倍晋三さんが初めて中国に行った時、 出迎えている温家宝のところに行ってね、二言三言耳元でささやいたら棒立ちになっちゃった温家宝が。翌日の会談で温家宝はホント何も言わなかった。で、私は安倍さんにあの時アンタ何を言ったんですかって聞いたら
「いやあれはね、拉致問題だけはいわないでくれとゆう工作が中国側からいっぱいきてた。 自分の外務省から。それは一杯言われたから。(外務官僚からですね?)外務官僚から。
いや、国会議員でもね向こうの手先がいてね、『中国に行って拉致問題を言わない方がいいですよ』って言われたから俺は余計に言ったんだ」と。

それはね、
中国もアモイで拉致されたっていうのが、世界中で流れていた時だったんですよ、

で、彼はつかつかと歩み寄って耳元で
「拉致問題は中国にもありますよね」って言ったってんだ。

ほしたら、温家宝は棒立ちになっちゃった。

で、その棒立ちになった意味なんですけどね、
私の感じは
まずあれだけ中国大使館その他から(工作を)やっていたのがパアになっちゃったと。

この人には中国の工作は全部通じない人なんだと。
そういう首相が来たんだと。

これは全部やりかえなきゃいかんと。
というのがひとつ。

もうひとつは、明日きっと胡錦濤に叱られると。
(中略)
翌日、温家宝は何にも言わなかった。日本に対して。

日下公人 chさくら闘論! 倒論! 討論!より


910:可愛い奥様:2012/10/07(日) 10:51:49.79 ID:uOaQnoJS0
»897
この動画のことね
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=f3Jyg8Llzpw

912:可愛い奥様:2012/10/07(日) 10:54:18.70 ID:PVrdibGi0
»910
同意w

921:可愛い奥様:2012/10/07(日) 11:09:19.20 ID:FG81g6GX0
»910
ありがとうございます

898:可愛い奥様:2012/10/07(日) 10:36:45.17 ID:FG81g6GX0

中国は完全に安倍外交に屈していた

そういうことをマスコミは書かないから、日本人は気がついていない。
ところが、在日元中国人評論家の石平さんはそれを書いた。

石平さんによれば、北京に行ってみると、もうみんな
「日本に負けた。完全に日本にグリップされた。
我々はそれに対して戦う手段がない」と言っているそうだ。

それを聞いた麻生さんは、
「たしかに、外務大臣として北京へ行ったとき、中国の胡錦濤国家主席はもう困り果てていた。
本当に立ち往生していた」と言っていた。

「これからいったい誰が総裁になるのでしょうか、やはり安倍晋三がなるのでしょうか」
「おそらくなるでしょう」
「では安倍晋三に対して、我が中国はどうすればいいでしょうか。教えてください」

――というやり取りがあったそうだ。

そこで、安倍晋三さんが中国へ来たとき「まずは全面屈服してください」と言ったら、
本当にそうしたらしい。

それなのに日本の新聞やテレビは、「北京詣をした」と報道した。
「安倍はさっそく北京詣をした」というふうに、悪口ばかり言う。

しかし、中国側はもう反日的なことをまったくしなくなって、ただ静観しているだけであった。
あれは完全に安倍外交に屈服していたのだろう。

そういう経緯を知っていた石平さんは、安倍政権が終わったとき、
「せっかく中国をあそこまで追い詰めたのに、辞めてしまって残念だ」と言っていた。

それを中国人の石平さんが言うのは変だと思って聞いてみると、
「実は中国国民は大変残念に思っています。
あのまま安倍外交が続いて中国共産党がなくなってくれるのが、13億人の中国国民のためです。
日本が助けてくれると思っていたのに残念です」と語った。

わたしはうなってしまった。日本の評論家でそこまで考えている人はいるのだろうか。
それくらいの目で世界を見てほしいものだ。

日本人は何でも反省する。日本は何もかも「まだまだダメだ」と思っている。
日本人はずっと、そういう色眼鏡で日本を見ているから、
そこに新しい材料が出てきても気づけないのだろう。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/p/73/index2.html


632:可愛い奥様:2012/10/07(日) 00:06:35.99 ID:Z9ooclia0
民ス、マジック5ですわ
あと少しですのに・・・

"

- 【動画あり】安倍晋三にビビる温家宝wwwwwww 中国は完全に安倍外交に屈していた!! | 保守速報 (via tkcs)

(iymstsから)

" 日本ほど、アジアの独立と繁栄のために貢献した国は、他にありません。日本がなければ、今日のアジアの独立と繁栄はなかったでしょう。
 その過程で、悪戦苦闘はありました。日本は中国において一番苦労しました。なぜこれほどまでに中国で苦労しなければならなかったのか。その一つに、日本人と中国人の気質の違いがあげられます。
 かつて日本の明治維新を成功させたのは、武士たちの力でした。彼らは「至誠」を美徳と考える人々で、「私」に仕えず「公」に仕える者でした。そして彼らは、維新が成功すると、士農工商の階級制度を廃止し、自分たちも刀を置き、町民となっていったのです。誰もが「国民」という平等の世界に、甘んじて身を投じていきました。
 一方、中国の革命家たちに共通するのは、すさまじいばかりの「保身」すなわち「生き残りの哲学」です。「夷をもって夷を制し」、他を蹴落として何としてでも自分が生き残る、という権力への強烈な願望です。これは五〇〇〇年間、ずっと戦乱の世に生きなければならなかった中国人の身にしみついた性質なのでしょう。
 このとき、自分が生き残るためには民衆の命さえも顧みません。中国の内戦では、おびただしい民間人が虐殺されました。民間人に対する略奪、強姦も至るところで行なわれ、彼らは人々から、軍隊というより「匪賊」と呼ばれていたほどです。
 これは、日本の武士たちの戦いの様子とは大きく違います。日本の戦国時代は、武士同士が戦ったものであり、民間人は殺しませんでした。あの関ヶ原の戦いでも、百姓たちは弁当をもって山の上から戦闘を見物していたほどです。"

- 日中戦争の真実――日本は中国を救おうとした (via gasarak)

(chrysanth-tmlから)

"外人さんの一言「日本のトイレは素晴らしい。ただ、あのコントローラーに足りない機能があるとすれば、『Facebookで共有する』ボタンだけだろう」"

- Twitter / Yousing_Machino (via katoyuu)

(iymstsから)

"維新に集まった議員の程度が低すぎて笑ってしまう(笑) さすがに現状に不満を持っている国会議員でもこんな連中とは組めないよな~ 維新は公募してもまともな人材が集まらないから困ってるんだろな~ 中小企業の社長が自分の会社と社員放り投げて応募してきたり(笑) くずだと思う。"

- Twitter / qazplmzaqmlp109 (via toronei)

(iymstsから)

"13 :名無しさん@13周年 2012/10/07(日) 14:05:05.34 ID:bUGr2tOQ0 
日替わり定食を用意しとけよw



15 :名無しさん@13周年 2012/10/07(日) 14:05:57.83 ID:ALbbyCtb0
»13 
経営の天才あらわる




258 :名無しさん@13周年 2012/10/07(日) 14:29:15.67 ID:gzG8EYnaO
»13 
日替わりランチを始めて四年。
三年前から店舗前ボードにメインおかずを表記せず
『日替わり500円』だけにしたら
男性常連客が増えて
毎日売り切れる様になった。



仲良くなった常連に聞くと
『毎日何を食べるか考えるのが面倒。好き嫌いないし、逆に楽しみ。家でも嫁任せだし』だと…



女性客は減ったが、無駄口叩かないので回転上がり大正解だった

ファストフードでもありだとオモフ
"

- 【悲報】 マクドナルドのメニュー表撤去した結果→大失敗かwwwwwwwwwwwwwwwww?|気になるニト速 (via bbk0524)

(iymstsから)

"

「再開発ビルの店に美味いものなし」は友里征耶デビュー時からの定説でありますが、これを転じて「再開発ビルの店に繁盛店なし」も今や常識といっても良いでしょう。

古くはアークヒルズから六本木ヒルズ、交詢ビルや東京ミッドタウンまで、高額店で繁盛している店は皆無と言っても過言ではありません。
外食になぜゴチャゴチャした再開発ビルへ行かなければならないのかという必然性の問題。そして地代の高さや営業時間の制約からコストが押し上げられ、その結果客のCP感が劣化して客が寄りつかないのは今までの歴史が証明しております。

"

-

店内は閑古鳥だけ、ポンドール・イノ - 店評価BLOG (via mcsgsym)

mcsgsym reblogged quote-over100notes-jp

(via tataraseitetsu)

(iymstsから)